ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これからを生きるスペシャリストに必要な力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんは目の前の方々に本当の治療を届けたいときに、どのような力が必要だと思いますか?

 

ほとんどの方が

技術力、知識力、コミニケーション力、手技力

などの力が必要だと答えます。

 

あながち間違ってはいません。

しかし!

僕が考える必要な3つの力は、先ほど述べたような力ではございません。

 

では、一体どんな力なのでしょうか?

 

まず、考えていきたいのは患者様や病院に来られる方

パーソナルトレーニングに来られる方

これらの方は、

何を望んでいるでしょうか。

 

僕が言うよく言うのは、どのような患者様であれ

患者様は必ず何かしらの期待であったり、 

目標達成であったり、諦めた悩みであったり

などの問題の解決を望んでいます。

その望みに応じて、われわれは提供するものが違いますよね。

 

髪の毛を切りたければ美容室に行きます。

身体を治したければ、病院に行ったり。

レントゲンを撮りたければ、病院に行ったり。

ちょっと癒されたいな!と思ったならば、旅行に行ったり、マッサージ店に行ったり。

 

望みによって提供物が異なるわけですが、

我々のような治療家やセラピストが提供するものというのは、一体何でしょうか。

 

僕はこの身体に携わる治療と言うものに対して、

治療は【夢を与えるきっかけを作るもの】だと思ってます。

夢が達成できない。

本当に一歩前に出たいけど、身体が思うように動かない。

膝が痛くて、紅葉に行きたくても行けない。

 

こういった方々が僕たちの施術を受けに、患者様として来てもらえるわけです。

 

実際、治療者は

これを把握してないことが多いのですね。

 

どうしても医者と同じような目線をしているような方が多いのです。

膝が悪ければ、膝を治す。腰が痛ければ、腰の痛みを取る。頭痛があれば、頭痛をなくす。

これはあくまでマイナスからゼロのベクトルだと思うんです。

 

痛みがあれば、痛みを取る。

ただ本当に患者様は症状を取りたくて来てるのか。

ほとんどの方が、頭痛をなくしたい!という、0を目指す目的だけではないんです。

 

実は患者様は、頭痛を取りたいんではなく、頭痛があるから〇〇ができない。

〇〇ができないから、頭痛を取りたい!そう感じているのです。

意識的にそう思われている方もいらっしゃいます。

無意識的にそう思われている方もいらっしゃいます。

 

病院に行ったり、整骨院に行ったり。色んな選択肢を選ぶが、

その〇〇がしたいから、〇〇を取りたい。

これが真実なわけです。

 

ここで重要視しないといけないのは[〇〇がしたいから]って言う部分を、

僕たちセラピストはないがしろにしていないのか。ということ。

 

この真実が分からない限り、結局マイナスからゼロなんですよ。

マイナスから0をやってる方

マイナスからプラスをやっている方。

まさに、痛みを取るということを目的にしてるんじゃなくて、痛みをとってから〇〇をできるようにする。というふうなところまで考えて治療している方。

果たしてどちらの方が患者様にとって有益でしょうか。

 

これは比べる余地もなく、後者ですよね。

頭痛を取りたい、頭痛を取ろうと思ってやっている方は、

その人を見ているんではなく、あくまで痛みを見ているわけです。

 

しかしながら、頭痛をとって〇〇したいと思っている。

その夢を叶えよう!目標を叶えよう!と思うと

痛みを見るのではなく、その人自身を見ない読み取れないわけです。

 

どれだけ多くの情報を読み取り、

そしてその情報をもとにその方をいかにして良くしていくのか。を考える。

これがこれからのセラピストにとって

とっても重要なことなんです。

 

だからこそ、セラピストにとって必要な力と言うのは、

マイナスからゼロの部分ではなくてマイナスからプラス。

では、プラスってなんだろう。

何を目的としてここに来ているんだろう。

何のために頭痛を取りたいんだろう。と『考えイメージできる力』なんです。

 

そうなりたいと思えるような、もしくはそれを体感させてあげるような治療をすることで、

患者様は本当に頭痛を治したい。痛みを取りたいと思うのですね。

 

そうすることにより、患者様の頭痛は早く治りますし、当然ながら頭痛を治したいと思っている。

早く結果に結びつくわけです。

 

 

だから、僕たちが必要な力は、患者様がどこに行きたいのか?

なぜやりたいのか?なぜここに来たのか?と言う目標をイメージできる力。

これはこれからのセラピストにとって必須なんではないでしょうか。

これがセラピストに必要な力の1つ目です。

 

 

次に考えないといけない事。

では、果たしてそのゴールに対して

どの道筋を選んでゴールに近づくのか?ということです。

 

 

例えば、あなたに僕が明日北海道に来てね!と言いました。

では、あなたはどう答えますか?

 

はい。行きます。

僕が聞きました。

どうやって行きますか?車ですか?歩いてですか?もしくは飛行機で。もしくは船で。

様々な選択肢があるわけですよね。

 

これはまさしく患者様を治す時も一緒です。

例えば、頭痛を治して、頭痛にならない身体を作る。そしてわ仕事をもっともっとできるようになりたい!って言う方がいらっしゃったら。

仕事をもっともっとできるようなために、頭痛を治す。

どのような道筋でその方を治していけばいいのか?

 

目標が決まれば、次は道筋や計画が決まってきます。

この計画の部分。この計画の部分で大切なのは、まさにどの道筋で行くのか?です。

道筋を決める時は、スピードが重要です。

理由はたくさんあります。

 

その一つとして、

飛行機は、なぜ?できたと思いますか。

飛行機を考えた方は、AからBの場所に早く行きたい!と思い、

空を飛ぶ方法があればいいな!と考えたわけです。

だからこそ、より早い方法を考えるわけですね。

スピードを意識することによって、人は発想が生まれます。

 

そのスピードを意識するかどうかは、患者様の治る速さにもよっても変わってきます。

目標が到達できるかによっても、変わってきます。

だからこそ、スピードにこだわって欲しいわけです。

 

そのスピードにこだわるために、何が必要なのでしょうか?

それは、【条件】です。大雪で飛行機が飛ばない状況であれば

どれだけ早いものがあっても、その技術やテクノロジーっていうのは無効化されるわけです。

 

これは治療おいても同じで、どれだけ素晴らしい技術があったとしても、それが患者さんにとって有益でなければ、

それは無効化されるわけです。

 

ですから、僕たちがそのスピードを意識するためにも考えないといけない事は、まさに、目の前の悩まれる方の

より多くの情報を読み取るということです。

条件を把握する前提 を把握するということです。

 

その情報を多く読み取ることにより、どうすれば早くそこにたどり着けるのか?が導き出されるわけです。

 

これがまさに施術計画となります。

この計画を立てれるかどうかが、2番目に必要なことです。

 

より必要な情報を汲み取る力。

 

セラピストにとって、

必要な2つ目の力となります。

 

より多くの情報も組み立れました。

では、次はそこで最短距離を選ぶわけですね!

先ほど言いましたスピードをまた意識し、

どうやって早く治るのか?

どうやったら早くそこにいけるのか?

それを考えるためには、ゴールの情報と今ある情報。

その今ある条件とゴールの条件を組み合わせて、統合する。

頭の中で統合するわけです。

どうやって早く行けるのかな?と言うことに現状とゴールを統合します。

そうすることにより、手法が選ばれるわけです。

 

この方にとって、頭痛はどうすれば早く良くなるだろうか。

オステオパシーのほうがいいんじゃないかな。

いや、この方には骨からアプローチしてカイロプラクティック的なアプローチをしたほうがいいだろう。

いや、この方には筋肉ののアプローチの方がいいよね。

いや、筋膜のほうがいいよね。

いや、この方には土台を治したほうがいいな。

など、様々な手法がある中で

その手法を選ぶのはあくまでゴールと現状を統合してからなのですね。

 

現状とゴールが一貫性になったもの。

それが理論になります。

この理論を明確に一貫性のあるものとして、伝えるためにもこの統合力が必要になります。

これが3つ目の力であり、患者様をこれから見るときにこの3つの力を少しでも気にかけていただければ、

 

また違った視点で患者様を治すことができるのです。

 


有料オンライン講座を受講するとどうなるのか?は以下の動画をご覧ください。

治療学 有料オンライン講座では、無料オンライン講座では教えていないコアな治療学を伝えています。
あなたが本当に治療のスペシャリストとして活躍したいのならば、必須の技術、知識でしょう。

 

有料オンライン講座では、上記に書いている

「考えイメージできる力」

「多くの情報を読み取る力」

「知識や技術を統合する力」

の習得する講座だけでなく、以下の内容も伝えています。

 

①臨床に必要な「生理学」「生化学」「物理学」

②圧倒的な結果を出すための「診断力」「評価法」

③究極の弛緩法「腸腰筋」「深層外旋6筋」「横隔膜」などのインナーマッスル

④内臓と重心構造の関係性

⑤身体を構造学的に診る方法

⑥疾患別治療法「OA」「ヘルニア」「拘縮肩」「頭痛」「肩こり」など多岐にわたる疾患を完全解説

 

 

以下の内容などを3日に一度のペースで、配信して行きます。

また、有料オンライン講座にお申し込み頂くと今までのセミナーのすべての動画を視聴できます。

 

有料オンライン講座の費用は、月額5000円(お試し価格は、1週間1980円です。)ですが、

この金額はあなたにとって高いですか?

 

毎月あなたはセミナーに行くはずです。本を買うかもしれません。

 

しかし、

そのセミナーがイマイチだな!と思ったり、技術的な要素が少なかったり、

様々な不満が出ていませんか?

 

僕がセミナーを多く受けていた時は正直かなりありました。

高いセミナー(1回10万円)でも、中身がなかったのです。

 

この有料オンライン講座では、科学的見地から

臨床に落とし込まれた技術、知識、脳の使い方など、全てを公開して行きます。

 

それが、月額5000円で受けられるのです。

今までの動画や講義も全て観られる最高峰のお墨付きコンテンツとなります。

 

ぜひ、一度お試しくださいませ。

(お試し価格は、1週間1980円です。)

解約も自由にできますので、ご安心ください。。

パスワード取得者からは、以下の画像をクリックしてパスワードを入力してください。